複業に立派な動機は必要?


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

この記事を読んで頂いているということは、複業に興味のある方がほとんどだと思いますが、複業をやりたいと思うに至った原因は様々だと思います。

 

自分の好きなことをしたい!というポジティブな理由かもしれないし、会社に行くのが嫌だ!というネガティブな理由かもしれません。

 

一般的に、転職とかだと、ネガティブな理由での転職は避けるべき、と言われています。

 

採用面接でも、ネガティブな理由は言わない方が良い、とされています。

 

そんなこともあり、複業でも、ネガティブな理由で複業をやり始めるのは好ましくないのでは…と思われている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

実際に僕の周りの起業家の方たちも、通勤が嫌だったから、会社の上司が嫌だったから、という理由で、複業や起業を始めています。

 

もちろん、自己実現をしたい、もっと社会性のあることをしたいなどのポジティブな理由があればそれは素晴らしいことです。

 

しかし一方で、人間を強力に突き動かすのは、マイナスの力、ネガティブな力の方なんですね。

 

 

人間は、変化を嫌う生き物です。

 

例え今が望む環境ではなくても、そこからはなかなか環境を変えようとはしません。

 

今いる会社に多少不満があっても、そこから転職や複業をする人というのは一握りです。

 

多くの人は、会社の愚痴を言いながら、通勤しています。

 

しかしここで、大きなマイナスが起こったり感じたりすれば、状況は変わります。

 

「こんな仕事は絶対にしたくない!」「こんな環境に居続けるなんてまっぴらだ!」と思うような出来事があれば、それは、人間を強く動かす原動力となります。

 

そんな状況になると、人は、今いる環境を飛び出して、転職や複業への一歩を踏み出すんですね。

 

なので、複業を始める理由がマイナスやネガティブなものであっても、まったく問題ありません。

 

むしろその方が、強いモチベーションとなり、行動を継続できるでしょう。

 

僕も、「定年までずっと事務作業なんてまっぴらだ!」と思って公務員を辞めましたからf^_^;

 

 

「複業するからには、立派な動機がなければならない」なんてことはありません。

 

動機なんて何でも大丈夫。堂々と人に言えないような動機でも大丈夫です。

 

目的は、行動を継続すること、そして、成果を出すことですから^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ