会社を辞めて独立?それとも複業?


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

複業などのキャリアの相談に乗っていると、「フリーランスになりたいです!独立したいです!」という声を聞くことがあります。

 

また、「会社を辞めたいんだけど、どうなれたら辞めてもいいですか?」と聞かれることもあります。

 

個人のキャリアは、当然ですが、世の中の景気も考慮に入れて考えることが必要です。

 

好景気の時と不景気の時とでは、選択できるキャリアにも違いが生じてきます。

 

例えば、好景気であれば、一旦会社を辞めても、また再度就職できる会社も見つかるでしょう。

 

しかし不景気であれば、そうはいかなくなります。

 

独立するぞ!と決めて会社を辞めたはいいものの、売上が伸びず、会社にも戻ることができない…ということにもなりかねません。

 

 

僕が、起業ではなく複業を薦めているのも、ここに理由の一つがあります。

 

起業や独立はリスクがあります。

 

えいやーで起業することが必要な場面もありますが、やはり、ある程度の確信があって起業するのがベターです。

 

背水の陣で頑張れる人もいますが、多くの人は、プレッシャーに潰されます。

 

子どもの頃の受験でも、「滑り止め」を受験したことがある人も多いと思います。

 

滑り止めに合格しているから、安心して本命を受験することができるのです。

 

ビジネスでも一緒で、本業や複業での一定の収入があるから、安心して新しいことに挑戦することができます。

 

収入ゼロから新しいことを始めても、「何としてでも稼がないといけない…」というプレッシャーに押されて、セールスなどにも余裕がなくなってくるでしょう。

 

そんな、余裕を感じられない人からは、誰も商品を買いたくはありませんよねf^_^;

 

 

僕も、公務員や会社員を経験してきたから分かりますが、日本のサラリーマンは本当に恵まれています。

 

パワハラのある企業やブラック企業は別ですが、毎月決まった給料をもらえて、年金に保険、ローンの組みやすさ、社会的信用、有給、育休と、至れり尽くせりです。

 

しかも従業員の方が強いので、簡単にリストラされることもありません。

 

これらの恩恵を捨ててでも独立したい!というのであれば止めませんが、ちょっとでも心が揺らいだのであれば、まずは複業からスタートしてみて欲しいのです。

 

複業からスタートして、毎月、サラリーマンの給料と同額を稼ぐことが数か月できてから独立しても全く遅くありません。

 

人に指図されるのが嫌、通勤が嫌、同僚と話すのが嫌、社会不適合者、などであれば仕方ありませんが、そうではない場合、サラリーマンをやりながら、自分の好きなこと・得意なことで複業を始めてみるのがいいのではと思っています^^

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ