日常で使えるコーチングの基本


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

今回は、日常生活でも使えるコーチングの基本についてお伝えしたいと思います。

 

コーチングにも色々なスキルがありますが、その中でも、最も基本で最も重要なことは、

「相手の話を聴く」

ということです。

 

 

えっ…、それって普通なんじゃ…

 

と思った方いますよね。

 

そう、普通なんです。

 

けれど、「相手の話を聴く」ということを完璧に出来ている人は、そういるものではありません。

 

 

 

例えば、多くの人が、相手の話を聞きつつ、

 

「相手が話し終えたら自分はどんなことを話そうか?」

「相手を打ち負かすためには何と言おうか?」

 

ということを考えているのではないでしょうか。

 

 

しかし、逆の立場になって考えてみてください。

 

自分が話し終わったら、間髪入れずに相手が自分の話をしてくる。

自分が話し終わるや否や、相手が反論してくる。

 

そんな人とは話したくありませんよね。

 

「相手の話を聴く」とは、相手の話を最後まで聞く、というだけではないのです。

 

 

他にも、

 

・相槌を打つ

・相手の目を見る

・相手の言葉を繰り返す

・共感する、共感の言葉を入れる

・表情を相手の話に合わせる

・相手の喋るスピード、仕草に合わせる

・間を取る

 

などのスキルがあります。

 

ここでは、最後の「間を取る」ということについて触れておきたいと思います。

 

 

 

多くの人は、会話における「間」が嫌いです。

 

言い換えると「沈黙」です。

 

会話が途切れて沈黙が訪れると、何だか居心地が悪いですよね。

 

しかし、相手の話を真剣に聴いていれば、沈黙は必ず訪れます。

 

なぜなら、上記でも述べたように、相手の話に100%集中して聴いていると、相手が話し終わった後に自分が考え始めるからです。

 

相手の話を聞きながら、次に自分は何を話そうか?と考えていれば、沈黙が訪れることはありません。

 

 

しかし、どうでしょう?

 

あなたは、相手が間を取らずに次々と喋ってこられるのと、間はあるけどその時間で考えた後に喋られるのとでは、どちらが嬉しいでしょうか。

 

恐らく、後者だと思います。

 

間や沈黙を恐れないこと。

 

間がない人は「間抜け」とも言われます。

 

 

相手の話を聴くスキルは他にも沢山ありますが、今回は、間を恐れずに、相手が話している時には相手の話に100%集中することの大切さをお伝えしました。

 

ぜひ、日常の会話の中にも取り入れてみてください(^^)

 


タグ: 

カテゴリ:コーチング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ