初心者でも出来る!コンサルティングのやり方


強みの分からない先生ビジネス複業・起業家が、好き×得意を活かして自身を商品化&高額化する戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

先生業で、これまでコンサルティングをやった経験がない方であれば、「どうやってお客さんに対してコンサルをやったらいいの…?」と不安に思われている方もいると思います。

 

正直、お客さんが成果が出れば、どんな風にコンサルをやっても大丈夫なので、特に「コンサルのやり方」には正解はありません。

 

しかし、コンサルの基本となる型はありますので、今回はその型の一つについてお伝えします。

 

 

結論から言うと、

 

1.現状の問題点の原因を挙げる

2.過去、上手くいったできごとを要素分解する

3.その要素を現状の問題点に応用する

 

という流れになります。

 

以下、それぞれ具体的に説明します。

 

 

1.現状の問題点の原因を挙げる

 

まずはお客さんに、現在の問題の原因を複数挙げてもらいます。

 

例えば、「自宅で仕事がはかどらない」という問題があったとします。

 

その原因を挙げてもらいます。

 

人によっては、

 

・家族がいて集中できない

・テレビを見てしまう

・ネットサーフィンをしてしまう

・横になってしまう

 

などが挙がってくるかもしれません。

 

 

2.過去、上手くいったできごとを要素分解する

 

次に、過去に自分が上手くできたことを思い出して、なぜ上手くいったのかを考えてもらいます。

 

成功体験を思い出してもらうんですね。

 

例えば、「大学受験で第一志望校に合格した」という成功体験があったとします。

 

その原因を挙げてもらいます。

 

・受験日という締切があった

・部屋には遊び道具がほとんどなかった

・毎日ほぼ規則正しく勉強していた

・友達と切磋琢磨して頑張った

 

などが挙がってくるかもしれません。

 

 

3.その要素を現状の問題点に応用する

 

次に、過去、上手くいった要素を、現状の問題に応用できないか?を考えてもらいます。

 

上記の例で言うと、

 

・締切があれば上手くいったので、自宅での仕事にも自分で締切日を作る

・部屋に遊び道具がなければ集中できたので、今の部屋にもテレビは置かない

・規則正しく生活すれば上手くいったので、一日・一週間の時間割を作ってそれに沿って仕事をする

・友達がいれば頑張れたので、オンラインもくもく会などに参加して仕事をする

 

などが挙がってくるかもしれません。

 

 

以上のように、

 

現状の問題点の原因を挙げる

過去、上手くいったできごとを要素分解する

その要素を現状の問題点に応用する

 

というステップを踏むことにより、お客さん一人ひとりの問題に応じたコンサルティングができるようになります。

 

ポイントは、一つ一つを分けて考えてもらうことです。

 

一人で解決策を出そうとすると、現状の問題点とその解決策とを同時に考えてしまい、上手く整理できません。

 

現状の問題点を洗い出し、その次に、過去の成功体験を洗い出し、最後に、過去の成功体験を現在に応用させる。

 

一つひとつ、丁寧にコンサルをしてみてくださいね^^

 


セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

よく読まれている記事
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ