コーチングと質問・詰問


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

相手が心を開いて自分を信頼してもらうには、まず、相手の話を聴くことが大切です。

 

人は、自分の話を真剣に聴いてくれる人を信用し、信頼します。

 

まあ多くの人はこのことさえも知らないので、相手に質問をして相手の話を聴くだけでも、その他大勢の人よりも優位に立つことができるのですが、それだけではまだ不十分です。

 

というのも、これからお伝えすることを、僕も実際に経験したことがあるからです。

 

 

僕は交流会などの場でも、聞き手に回ることがほとんどなのですが、とある参加したワークショップにて、珍しく聞き手に回ってこられた方がいました。

 

普段は僕が質問する側だけど、その時は質問される側になり、ちょっとやりづらいなぁと正直思ってました(笑)

 

しかし、時間が経つにつれ、やりづらいということに加えて、違和感というか、話しづらさを感じてきたのです。

 

…これは、ただ単に自分が質問されることに慣れていないだけじゃない。。

 

そして、気づいたのです。

 

これは、質問ではなく、詰問に近いなと。

 

 

相手に質問をして相手の話を聴くことは大切ですが、一点注意しなければならないことがあります。

 

それは、詰問にならないようにすることです。

 

あなたはどんな時に、「詰問されている…」と感じますか?

 

相手が高圧的であれば詰問と感じるでしょうが、そうでなくても感じる時があります。

 

それは、自分が答えた内容に、相手が共感してくれなかった時です。

 

自分が質問に答えたのに、相手がそれに共感せず、また別の質問を投げかける。

 

まさしく僕がそのワークショップの場で体験したことも、これと同様のことが起こっていたのです。

 

もちろん、相手の方に悪気はないと思います。

 

しかし、相手が、自分の言ったことに関心や共感を示してくれないと、相手を信頼するどころか、話す気さえなくなってしまいます。

 

 

相手の話を聴く時には、相手に質問して、相手の返答に共感を示してから、また次の質問を投げかける。

 

コーチングやコンサルティングの場や、交流会での会話の場面でぜひ意識してみてください。

 


タグ:  

カテゴリ:コーチング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

ページの先頭へ