クライアントには無限の才能・能力があると信じる


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・起業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

僕たち先生業がクライアントの方と接する際に、とても大切な必要不可欠の姿勢があります。

 

それは、「クライアントには無限の才能・能力があると信じる」ということです。

 

これは「ピグマリオン効果」と呼ばれるものにも通じるものです。

 

 

 

ある小学校で、学年当初に、学力の高低によって2つのクラスを作りました。

 

一方は学力の高い子どもを集めたクラスで、もう一方は学力の低い子どもを集めたクラスです。

 

そして、その2つのクラスに、それぞれ担任を一人ずつ配置したのち、授業が行われました。

 

 

学力が高い方のクラスの担任になった先生は、子どもの飲み込みの早さに、「さすが学力の高い子は違うなあ」と感心しました。

 

時々頓珍漢な発言をする子どももいましたが、それは、学力が高いがゆえだと思いました。

 

一方、学力が低い方のクラスの担任になった先生は、子どもの覚えの悪さに、「やっぱり学力が低い子はダメだな…」と、半ば諦め気味になりながら授業を行いました。

 

 

そして数か月後、2クラス共通でテストが行われました。

 

その結果は、予想通り、学力が高い方のクラスの平均点が高く、学力が低い方のクラスの平均点が低いものとなりました。

 

しかしここで、その小学校の校長先生から衝撃の事実が告げれられます。

 

それは、年度当初に担任に伝えた、「学力別に2つのクラスに分けた」というのは嘘で、本当は、学力は関係なしに、無作為に子どもを2つのクラスに分けたという事実だったのです。

 

 

学力では全く差のない2つのクラスが、なぜ、数か月後のテストでは大きな差がついたのか。

 

それは、子どもに対する先生の接し方に違いがあったからです。

 

子どもの才能や能力が高いものだと信じて接した先生は、自ずと、言動にその思いが表われます。

 

例えば、子どもの良い部分を探したり、褒めたりします。

 

逆に、子どもの才能や能力が低いと信じていると、子どもの悪い部分が目についたり、本気で子どもに接さなくなります。

 

このような先生の姿勢が、子どものパフォーマンスにも大きな影響を与えるんですね。

 

 

 

以上のように、先生業がクライアントの方に接する際にも、クライアントの方の才能・能力が高いと信じて接することがとても大切です。

 

そうすることにより、先生側も本気になってより良いサービスを提供できるし、クライアントの方も、先生から信頼されている・期待されていると感じ、成果も上がりやすくなります。

 

クライアントの方の可能性を信じて、真摯に真剣に関わっていきましょう(^^)

 


タグ:  

カテゴリ:コーチング 

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■嫌い×不得意な仕事で鬱状態になり、県庁を退職。同じ思いをしている人たちを一人でも多く救いたいと思い、好き×得意で稼ぐ支援をスタート。
■「強みの分からない1000人」以上をサポートした経験と教員経験を活かしたティーチング×コーチングが「分かりやすく行動しやすい」と支持を得る。
■ミッションは、好き×得意で稼ぐ大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢と希望を描ける社会を創造すること。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ