「やりたい理由」にフォーカスを当ててセールスする


好き×得意を活かして先生業で稼ぐ複業・福業戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

個別相談などの場でセールスをすると、見込み客の方から、「やりたいのですが、お金がなくて…」と言われることがあります。

 

そのように言われた時、あなたはどんな対応を取りますか?

 

ここでのあなたの対応によって、売れる先生業になるか、売れない先生業になるかが分かれるのです。

 

売れない先生業は、ここで、「お金がない」という方にフォーカスを当てます。

 

そして、「お金がなければしょうがないですね…」となり、結局売れないのです。

 

反対に、売れる先生業は、「やりたい」という方にフォーカスを当てます。

 

そして、見込み客の方がやりたいと思った理由を深堀りしていくのです。

 

 

例えば見込み客が、複業で月10万円を稼ぎたいという方であれば、「なぜやりたいのか?」と聞かれて、

 

・会社に依存したくない

・毎日、通勤電車に揺られたくない

 

という、今感じている痛みを、見込み客の方は再認識します。

 

更に、

 

・近い将来独立したい

・年収1000万円を稼ぎたい

 

という、将来手に入れたい快楽も同時に再認識するのです。

 

このように、「やりたい」という方にフォーカスを当ててその理由を深掘りしていくことにより、見込み客の方は自分が感じている痛みと快楽を再認識し、それを解決してくれるあなたの商品をやっぱり欲しい、と感じるようになります。

 

 

見込み客の言葉の「お金がない」というマイナスの方にフォーカスするのではなく、「やりたい」というプラスの方にフォーカスする。

 

難しいセールストークは一切不要の、簡単なセールス・コーチングの手法です。

 


この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・モヤモヤしていた最初の一歩に自信がつきました。まずは無料で、好きな得意なことで、お客さんに紹介する形で私のやりたい分野を知ってもらおうと思いました。(Y.M.様 女性)

 

・身近なエピソードなどがもりこまれてやさしい内容でした。楽しかったです。ありがとうございました。(S.H.様 女性)

 

・ターゲットの絞り込み方法を具体的に教えていただいた点が面白かったです。自身のビジネスモデルを考える際の参考にさせていただきます。(Y.S.様 女性)

ページの先頭へ