行動を忘れる人を行動させるには?


コーチング、カウンセラー複業・起業差別化戦略ばかり研究している八田です!(^^)!

 

 

言ったのに行動しない、やると言ったのにやっていない…

 

人と接していると、こんなことってよくありますよね。

 

そんな時に、その人に対してどのような声掛けをしたら効果的かということについてお伝えしたいと思います。

 

 

 

僕は今、教育NPOにて子どもに勉強を教えてもいるのですが、そこで、よく忘れ物をする子どもがいました。

 

見てみると、今日も、以前配布したプリントを持ってきていない。

 

そこで、普通の声掛けであれば、

 

「なんで忘れたの?」

 

というパターンが多いかと思います。

 

 

 

あなたも子どもの頃、忘れ物をした際に、学校の先生から言われた記憶があると思います。

 

その時、どのような気持ちになりましたか?

 

恐らく、責められてる感じがしたのではないでしょうか?

 

 

 

そうなのです。

 

「なぜあなたは~なの?」というフレーズは、問題の原因をその人に求めていて、それを言われた本人は縮こまってしまいます。

 

これでは、次回忘れないためにはどうしたらいいか?という建設的な話をすることはできません。

 

 

 

そこで、問題の原因をその人本人に向けるのではなく環境や仕組みに向けて、更に、過去にフォーカスするのではなく未来にフォーカスすることが重要になってきます。

 

具体的には、

 

「次回忘れないようにするには、どのような仕組みや習慣があったらいいと思う?」

 

などと聞いてみるのです。

 

このように言われたら、責められてる感じ、しますか?

 

ほとんど抵抗なく受け入れることができそうですよね。

 

 

 

僕が上記のようにその子どもに言ったら、その子は数秒間、固まっていました。

 

きっと、普段そんな風に他人から聞かれたことがないもんだから、答えに戸惑ってしまったんでしょうね。

 

しかし、数秒後、自分なりの解決策を考えて僕に伝えることができました。

 

 

 

以上のように、行動しないその人にフォーカスするのではなく、物事などにフォーカスする

 

過去にフォーカスするのではなく、未来にフォーカスする

 

行動を忘れる人、なかなか行動しない人を行動させるための大事な視点です(^^)


タグ: 

カテゴリ:コーチング 

この記事に関連する記事一覧

セミナーの感想

・今まで低単価でも売れなかったものが顧客の対象を変えただけで高単価で売れるようになった事例を聞けたのはメリットになった。
自分以外の参加者の方とワーク・シェア出来たのはよかった。(北村英朗様)

 

・重要なポイントを分かりやすく説明してくださって良かったです。
チェックシートで具体的に出来たことも良かったです。(藤滝光貴様)

 

・今まで漠然としていたブランディング・ポジショニングについてや、見込み客の設定について、理解ができました。(A.K.様 女性)

 

・集客について復習が出来ました。ビジネスはブログと同じだと感じました。
収入の柱を増やして集客出来るようにしたいと思いました。(S.M.様 男性)

 

・楽しく過ごすことができました。
八田さんのお人柄が人をひきつけることが分かりました。
ご自身の体験についてももっと知りたいと思います。(T.I.様 男性)

 

・先生の経歴、想いが十分に伝わりました。
個人でマーケティングすることの解説も分かりやすかったです。(匿名希望 女性)

 

・とても親近感のあるご自身の体験ベースの講座であった。(T.I.様 男性)

八田幸久

ワークライフミックス代表
■好き×得意をベースとした、コーチ、カウンセラー、講師のためのクライアント獲得を専門としている。
 先生業での複業における「強みの発見」と「ポジショニング戦略」を最も得意とする。
■「強みの無い1000人」以上をサポートした経験から、強みの分からない方に対して”具体的で分かりやすい”説明が可能。
■実績ゼロ、見込み客ゼロ、セールス経験ゼロからコーチで独立して、90日で新規顧客を獲得。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ